ジェイムス・ハーデン「昨季は全員がストレスを感じた」

【スポンサーリンク】

期待外れのシーズンに終わったヒューストン・ロケッツは、この夏にライアン・アンダーソンとエリック・ゴードンを獲得した。

ヘッドコーチには新たにマイク・ダントーニが就任し、来季はよりアップテンポなゲームが期待されているが、チームの中心であるジェイムス・ハーデンは新生ロケッツに希望を持っている模様。

昨季を振り返ったハーデンは来季について次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「みんなの心にためらいはないよ。今の俺らはどうやってチームを改善していくかに集中してるからね。昨季は俺ら全員がすごくストレスを感じてた。今は新たなコーチと共に新しい人生があるんだ」

「この夏に強いチームを作り上げ、すべての夜の試合を制したいね」

ダントーニがヘッドコーチに就任したことにより、かつてのフェニックス・サンズのようなランニングスタイルを取り入れると思われるが、ディフェンスの強化にも力を入れたいところ。

インサイドの柱であったドワイト・ハワードを失っただけに、ハーデンにはディフェンスの改善も期待される。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA