コービー・ブライアント レイカーズの若手選手育成に協力か?

【スポンサーリンク】

キャリアをロサンゼルス・レイカーズ一筋で終えたコービー・ブライアントが、レイカーズへの感謝の気持ちを忘れることはない。

ブライアントが現役を退いたことにより、将来有望な若手株を揃えるレイカーズにはタイトルホルダーがいなくなってしまった(メッタ・ワールドピースは現在FA)。

今後は若手選手の成長に期待が集まるところだが、ブライアントは若手選手の成長を助けるため、指導の役割を受け入れる用意があるという。ブライアントのコメントをTWC Sportsnetが伝えている。

「そばにいたいね。ルーク(・ウォルトンHC)とは何度か話をしたんだ。(ブライアン・)ショーともね。選手のみんなには知っておいてもらいたい。俺はいつも君たちの近くにいる。いつも近くにいるよ。もしワークアウトをしたいなら、早起きしてくれ。丹念に教えるから」

「レイカーズは俺の血の中にある。ファミリーなんだ。だから俺はいつも近くにいるよ」

今年のドラフトでブランドン・イングラムを獲得したことで、イングラム、ディアンジェロ・ラッセル、ジュリアス・ランドル、ジョーダン・クラークソン、ラリー・ナンスjrという若手有望株が揃ったレイカーズ。

クラークソンはすでにブライアントからさまざまなアドバイスをもらっており、それを若手選手と共有するとしている。

ブライアントが去った今、レイカーズの古豪復活はなるだろうか。

かつての王朝を取り戻し、再び伝説を築き上げることに期待したい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA