レイカーズ ニック・ヤングの放出を本格検討か?

【スポンサーリンク】

ディアンジェロ・ラッセルが盗撮した動画が流出し、浮気が発覚したことでイギー・アゼリアに婚約を解消されたニック・ヤング。

ヤングは先日、ラッセルとの関係に言及し、チームメイトとしてやっていく姿勢を見せたが、来季はレイカーズ以外のチームでプレイすることになるかもしれない。

Bleacher Reportによると、一時はトレードの噂が出ていたヤングだが、レイカーズは今でもヤングのトレードを計画しており、必要であれば契約のバイアウトを実行する用意があるという。

これにはラッセルに集中してプレイさせ、成長を促す目的もあるとされている。

ヤングにとって、レイカーズは憧れであり、夢でもあったため、トレードもしくは契約バイアウトでチームを離れることになれば、ヤングのメンタルにも影響を及ぼしそうだ。

なお、昨季のヤングはレギュラーシーズン54試合に出場し、平均19.1分のプレイで7.3得点(キャリアワースト)、1.8リバウンド、0.6アシスト(キャリアワースト)、FG成功率33.9%(キャリアワースト)、3P成功率32.5%(キャリアワースト)を記録。

キャリア9年を通してワシントン・ウィザーズ、ロサンゼルス・クリッパーズ、フィラデルフィア・セブンティシクサーズ、レイカーズで通算576試合に出場し、平均23.3分のプレイで11.8得点、2.0リバウンド、1.0アシスト、FG成功率41.8%、3P成功率37.0%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA