トニー・パーカー フランス代表からの引退を発表

【スポンサーリンク】

サンアントニオ・スパーズの先発ポイントガードを務めるトニー・パーカーは、フランス代表のメンバーとしてリオオリンピックに出場した。

だが、フランス代表は決勝トーナメントまで駒を進めるも、1回戦で強豪スペイン代表に敗れ、フランス代表のリオオリンピックは終了。

これを受け、パーカーはフランス代表からの引退を発表した。

「素晴らしい冒険だった。ありがとう!」

パーカーは2013年のユーロバスケットでフランス代表を金メダル、2011年は銀メダル、2005年と20015年は銅メダル獲得に牽引。

オフシーズンは毎年のようにフランス代表でプレイしていたため、今後はオフをゆっくりと過ごし、新シーズンに備えることができそうだ。

なお、パーカーはリオオリンピックで5試合に出場し、平均22.7分のプレイで13.2得点、1.2リバウンド、3.8アシスト、1.0スティール、FG成功率51.2%、3P成功率30.8%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA