マイケル・マローンHC「しばらくキングスカラーを避けてた」

【スポンサーリンク】

現在デンバー・ナゲッツのヘッドコーチを務めているマイケル・マローンは、2014-15シーズン途中に成績不振を理由にサクラメント・キングスのヘッドコーチ職を解雇された。

シーズン序盤は好調を維持していたものの、オールスターセンターのデマーカス・カズンズがウィルス性髄膜炎で長期離脱すると、それが成績に大きく影響。

ウィルス性髄膜炎からの復帰を待つことなくマローンHCは解雇されてしまったため、この解雇は不当との声も出ていた。

マローンHCにとっても、あの解雇は悪夢だったのかもしれない。

マローンHCとその家族は、キングスのチームカラーであるパープルを避けていたという。マローンHCのコメントをthescore.comが伝えている。

「(紫の服は)着なかった。あれは妻が大好きな色なんだけどね。妻も着なかった。娘も着なかった。家族の中でタブーになってたんだ」

マローンHCは昨年、パープルの物を寄付したというが、解雇には相当な怒りを覚えたことだろう。

現在ヘッドコーチを務めているナゲッツも再建中ではあるが、キングス戦には高いモチベーションで挑むに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA