トム・ティボドーHC デリック・ローズとジョアキム・ノアの移籍について「良いこと」

【スポンサーリンク】

キャリアをシカゴ・ブルズ一筋でプレイしてきたデリック・ローズとジョアキム・ノアは、このオフにニューヨーク・ニックスへ移籍した。

トム・ティボドー体制下のブルズでチームを牽引してきたローズとノアだが、ここ数年は度重なる怪我に苦しんだということもあり、新天地ニックスでかつてのパフォーマンスを取り戻したいところだろう。

恩師ティボドーHCもローズとノアの復活を期待し、ニックス移籍が良い判断だったと考えているようだ。ティボドーHCのコメントをthe New York Postが伝えている。

「彼ら二人は素晴らしい。私はそう思う。彼らは彼ら自身をすでに証明してるよね。移籍は彼らにとって良いことだじゃないかな。うまくいくと思う。彼らは良いチームに移籍した。カーメロ・アンソニー、クリスタプス・ポルジンギス、コートニー・リー、彼らは良くなるだろうね」

「メンタル面を考えると、彼ら(ローズとノア)には経験がある。経験あるベテランがいると、多くのものがチームにもたらされるだろう。彼らはプレイの方法を理解してる。ビッグゲームもプレイしてきた。彼らはアンセルフィッシュで、勝利のためにプレイする。大きなプラス要因だと思うよ」

ニックスのアシスタントコーチを務めたことがあるティボドーHCだが、フィル・ジャクソン球団社長から声がかかることはなく、ミネソタ・ティンバーウルブズのヘッドコーチに就任。

ティボドーHC率いる若きウルブズと、ローズ擁する経験豊富なベテランが揃ったニックスの戦いにも注目が集まりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA