ケビン・デュラント「デューク大学が嫌いだった」

【PR】

マイク・シャシェスフキーHC率いるチームUSAはリオオリンピックトーナメント決勝でセルビア代表に勝利すれば、金メダルを獲得する。

そして、このセルビア代表との試合は、シャシェスフキーHCにとってチームUSA引退試合でもある。

デューク大学のヘッドコーチも務めるシャシェスフキーHCにとって、セルビア代表との決勝戦は感慨深いものとなるだろう。

そんな中、チームUSAをスコアリングで牽引するケビン・デュラントが、コーチKに対するあるエピソードを披露した。デュラントのコメントをESPNが伝えている。

「俺らはデュークを好きにならないよう教えられたんだ。俺はメリーランドで育った。だから、いつも互いを意識し合ってたし、俺らはデュークが嫌いだった。(デューク大学は)俺のプレイスタイルじゃないと思ってたしね」

「でも彼のためにプレイしてみたら『ワオ、もう少しデュークを見ておくべきだった』と思った。2010年のことだったかな。彼が俺にこう言ったんだ『パスするな』とね。『分かった。クール。それこそ俺が求めるプレイスタイルだ』と答えたよ」

デュラントはチームUSAを金メダルに導き、シャシェスフキーHCの引退試合に花を添えることができるだろうか。

注目のリオオリンピック決勝戦は、日本時間22日午前3時45分ティップオフだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読