金メダル獲得のドレイモンド・グリーン「俺らの絆は一生もの」

【スポンサーリンク】

チームUSAのメンバーとしてリオオリンピックに出場したゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンにとって、金メダルを獲得したことよりチームメイトと過ごした時間のほうが大切なのかもしれない。

ここ数週間をチームUSAのメンバーと共に生活したグリーンはリオオリンピックを振り返り、次のようにコメント。Uninterruptedが伝えている。

「(チームUSAで)築き上げた関係は、一生続くだろうね。彼らには感謝してる。本当に兄弟関係になった。俺らの絆は一生もの。特別なものなのさ」

チームUSAでは目立った活躍を見せられなかったグリーンだが、NBAのコート上で激しい争いを繰り広げてきたロサンゼルス・クリッパーズのディアンドレ・ジョーダンなどと親交を深めた。

これがクリッパーズとウォリアーズのライバル関係に影響を及ぼすことはないだろうが、少なくとも互いをリスペクトしながら戦うことになりそうだ。

なお、グリーンはリオオリンピックで8試合に出場し、平均9.8分のプレイで1.9得点、2.1リバウンドを、1.2アシスト、0.9スティール、FG成功率22.7%、3P成功率9.1%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA