ジョン・ウォール「金のためにやってるわけじゃない」

【PR】

ワシントン・ウィザーズのポイントガード、ジョン・ウォールに、ある噂が浮上した。

それは、ブラッドリー・ビールとジェイムス・ハーデンの大型契約にウォールが嫉妬しているというものだ。

2013年にウィザーズと5年8500万ドルの契約を結んだウォールだが、ビールはこのオフに5年1億2800万ドル、ハーデンはこのオフに4年1800万ドルの契約にサイン。

サラリーキャップの上昇が契約額のアップに大きな影響をもたらしたものの、ウォールはこれに不満を持っていると噂されている。

だが、ウォール本人がこの噂を否定した模様。ウォールのコメントをBleacher Reportが伝えた。

「(契約は)俺にとって重要じゃない。期待されたようなパフォーマンスをして、自分自身とイメージを気にするなら、金を儲けることで気分が良くなるだろうね。それは俺がバスケットボールのゲームをプレイしてる理由じゃない。ブラッドリー・ビールはよりたくさんの金を得た。俺がそれに怒り狂うことはないし、彼が俺のチームメイトでハッピーさ。ジェイムス・ハーデンの契約も、俺は気にしてない。彼は俺のお気に入りの男だから」

金のためではなく、勝利のためにプレイしているとするウォール。

ビールとの不仲説について具体的な言及はなかったものの、この発言を聞く限り、多少の溝はあるものの、報道されたような深い溝は生じていないと見て良いかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読