デマーカス・カズンズ 東京オリンピック出場に意欲

【スポンサーリンク】

この夏にチームUSAのメンバーとしてリオオリンピックに出場し、自身初となるオリンピック金メダルを獲得したデマーカス・カズンズが、2012年東京オリンピック出場に意欲を見せている。

現在26歳のカズンズは、身体が許すのであれば東京オリンピックに出場し、自身2個目となるオリンピック金メダル獲得を狙いたいという。カズンズのコメントをthe Boston Globeが伝えている。

「(東京オリンピック出場については)オープンだよ。その頃には歳をとってるから、俺の身体がどう感じるか次第だね。現時点では間違いなくオープン。この勝利がどれほど難しいか、みんな分かってないんじゃないかな。ロスターに登録されたプレイヤーには、自動的に勝利が期待される。国際ゲームは俺らのゲームじゃない。俺らがプレイしてる方法とは違う。ロスターに登録された全員に調整が必要なんだ」

カズンズは2014のFIBAバスケットボール・ワールドカップにもチームUSAのメンバーとして出場し、金メダル獲得に貢献。

仮に東京オリンピックに出場し、金メダルを獲得すれば、自身3個目となる金メダルとなる。

とはいえ、ディアンドレ・ジョーダンやアンドレ・ドラモンド、ハッサン・ホワイトサイド、カール・アンソニー・タウンズ、ジャリル・オカフォーなどライバルも多い。

30歳になる2020年までにさらなる成長を遂げることが、東京オリンピック出場の絶対条件となるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA