ドワイト・ハワード ロングレンジショットのトレーニングに励む

【スポンサーリンク】

この夏にアトランタ・ホークスに移籍したドワイト・ハワードは、フリースローの改善に取り組んでいる。

ハワードのフリースローが改善されればホークスにとって大きな武器の一つとなる可能性があるだけに、必死にトレーニングに励んでいるようだ。

これまで本数をこなすことでフリースローの改善を狙ってきたハワードだが、これまでとは異なる方法でフリースローの改善に取り組んでいる模様。

シューティングコーチのクリス・マシューズによると、ハワードにロングレンジショットのトレーニングを課し、フリースローの改善を図るという。

これは試合中にフリースローを打つためのトレーニングではなく、シューティングタッチを筋肉に記憶させ、ロングレンジショットのトレーニングをこなすことでフリースローの自信を得る目的があるとのこと。

スポーツ心理学者からのアドバイスを取り入れたり、ビヨンセの歌を口ずさむなどしてフリースローの改善を狙ってきたハワードだが、今回のトレーニングを結果に直結させることができるだろうか。

新天地でのハワードのフリースローに注目が集まる。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA