スティーブン・アダムス 来季は3Pショットにチャレンジか?

【PR】

ケビン・デュラントがゴールデンステイト・ウォリアーズに移籍したことにより、オクラホマシティ・サンダーはデュラントのスコアリングを埋めなければならなくなった。

ラッセル・ウェストブルックを中心としたシステムで戦うと思われるも、デュラントのスコアリングをウェストブルックひとりでカバーするのは困難だろう。

それを察知してか、センターのスティーブン・アダムスは来季から3Pショットを打つことになるかも知れない。アダムスのコメントをThe Wirelessが伝えている。

「俺らを成功へのベストポジションに持っていくのは、コーチの仕事。個人としてじゃなく、チームとして成功するために。俺は彼(ビリー・ドノバンHC)の言葉を待ってる。3Pを打つというね」

来季でキャリア4年のアダムスだが、これまで3Pショットを実戦の舞台で打ったことはない。

ここ数年では3Pを打つビッグマンが増えてきているということもあり、アダムスもこの流れに乗っていくということだろう。

なお、昨季のアダムスはレギュラーシーズン80試合に出場し、平均25.2分のプレイで8.0得点(キャリアハイ)、6.7リバウンド、0.8アシスト、1.1ブロックショット、FG成功率61.3%(キャリアハイ)、フリースロー成功率58.2%(キャリアハイ)を記録。

キャリア3年では通算231試合に出場し、平均21.6分のプレイで6.2得点、6.0リバウンド、0.7アシスト、1.0ブロックショット、FG成功率56.5%、フリースロー成功率55.1%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読