ブレイザーズのノア・ボンレー 右足手術で3~4週間離脱

【スポンサーリンク】

ポートランド・トレイルブレイザーズに所属するパワーフォワードのノア・ボンレーが右足を手術した模様。

ブレイザーズの公式ホームページによると、ボンレーは右足太腿の筋肉にあった骨片を取り除く手術を受け、無事成功したという。

これにより、ボンレーは3~4週間程度離脱する見込みだ。

ブレイザーズのプレシーズンは10月頭にスタートするが、順調に回復すればプレシーズンから復帰できるだろう。

ブレイザーズにはメイソン・プラムリーやエド・デイビス、メイヤーズ・レオナルド、フェスタス・エジリなどビッグマンが豊富に在籍しているため、完全回復し、自身のポジションを確立していきたいところだ。

昨季のボンレーはレギュラーシーズン78試合に出場し、平均15.1分のプレイで3.6得点、3.9リバウンド、0.4アシスト、FG成功率42.1%、3P成功率23.9%を記録。

キャリア2年では通算103試合に出場し、平均13.9分のプレイで3.6得点、3.8リバウンド、0.3アシスト、FG成功率41.5%、3P成功率27.1%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA