エイブリー・ブラッドリー「目標はディフェンシブ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤー」

【スポンサーリンク】

着々と再建への道を進み続けている古豪ボストン・セルティックスにおいて、エイブリー・ブラッドリーはディフェンス面で中心となるプレイヤーのひとりだ。

ビッグマンのアル・ホーフォードを加えたことでさらなる躍進が期待されるセルティックスだが、そのためにブラッドリーはディフェンスの中心とならなければならない。

そのブラッドリーが来季の目標に言及した模様。thescore.comが伝えている。

「俺の目標はディフェンシブ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤーに選ばれること。俺ならできると思う。正しいマインドでコートに出ればね」

昨季はキャリア初となるオールディフェンシブ1stチームに選出されたブラッドリー。

だが、ガードプレイヤーであるブラッドリーがディフェンシブ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤーを勝ち取るのは簡単なことではない。

ガードプレイヤーがディフェンシブ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤーを最後に受賞したのは、1995-96シーズンのゲイリー・ペイトン。

以降はセンターもしくはフォワードのプレイヤーが受賞している。

ブラッドリーは快挙を達成することができるだろうか?

なお、昨季のブラッドリーはレギュラーシーズン76試合に出場し、平均33.4分のプレイで15.2得点(キャリアハイ)、2.9リバウンド、2.1アシスト(キャリアハイタイ)、1.5スティール(キャリアハイ)、FG成功率44.7%、3P成功率36.1%を記録。

キャリア6年では通算358試合に出場し、平均11.5得点、2.6リバウンド、1.6アシスト、1.1スティール、FG成功率43.8%、3P成功率36.0%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA