元ドラフト2位選手のダーコ・ミリチッチ 農家に転身

【スポンサーリンク】

2003年のドラフト2位指名でデトロイト・ピストンズに入団したダーコ・ミリチッチは、2012年11月に当時所属していたボストン・セルティックスから解雇通知を受け、そのまま現役を退いた。

ドラフト2位指名ながらジャニーマンとなり、期待されたパフォーマンスを見せることができないまま現役を退いたミリチッチは、今から2年前にキックボクサーに転身。

だが、激しい戦いに疲れてしまったのだろうか。

ミリチッチはこれまでの生活に別れを告げ、農家に転身したという。ミリチッチのコメントをthe Detroit Free Pressが伝えている。

「俺はフルーツに囲まれて生活してる。土地を買って、サクランボ、リンゴ、プラムを育ててるんだ」

「(NBAは)アメリカにおいて残酷なシステムだよね。俺は好きじゃない。1位指名、2位指名のプレイヤーは、すぐにプレイする機会を得る。だけど、俺にはまったくチャンスが与えられなかった。レブロン・ジェイムスはキラー。だけど、ファーストイヤーから彼はチャンスをもらってた」

当時のピストンズはタイトルを獲得するほど充実したロスターを誇っており、それゆえにミリチッチには十分な出場機会が与えられなかった。

ミリチッチと同期のジェイムスやカーメロ・アンソニー、ドウェイン・ウェイドらは、今でもトップクラスのプレイヤーとしてリーグを牽引している。

彼らの活躍をミリチッチはどう見ているのだろうか?

なお、2003年ドラフトの結果は以下の通りとなっている。

指名順選手名指名チーム
1レブロン・ジェイムスCLE
2ダーコ・ミリチッチDET
3カーメロ・アンソニーDEN
4クリス・ボッシュTOR
5ドウェイン・ウェイドMIA
6クリス・ケイマンLAC
7カーク・ハインリックCHI
8TJ・フォードMIL
9マイケル・スウィートニーNYK
10ジャービス・ヘイズWAS
11マイケル・ピートラスGSW
12ニック・コリソンSEA
13マーカス・バンクスMEM
14ルーク・リドナーSEA
15リース・ゲインズORL
16トロイ・ベルBOS
17ザーコ・チャバーカパPHX
18デイビッド・ウェストNOH
19サーシャ・パブロビッチUTA
20ダンテ・ジョーンズBOS
21ボリス・ディアウATL
22ゾーラン・プラニニッチNJN
23トラビス・アウトローPOR
24ブライアン・クックLAL
25カルロス・デルフィーノDET
26ドゥディ・イービーMIN
27ケンドリック・パーキンスMEM
28リアンドロ・バルボサSAS
29ジョシュ・ハワードDAL

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA