ステフィン・カリー 新生ウォリアーズついて「何も犠牲にする必要はない」

【スポンサーリンク】

王座奪還を狙うゴールデンステイト・ウォリアーズは、この夏にケビン・デュラントをロスターに加えることに成功した。

デュラントの加入は机上では大きなアップグレードとなるが、ボールのポゼッション問題が指摘されている。

MVPプレイヤーであるステフィン・カリーとデュラントが同時にコートに立つことで両者のスコアリング能力が十分発揮できなくなるという指摘もある中、カリーはこれまでと変わらないプレイを続けていく構えのようだ。カリーのコメントをESPNが伝えている。

「まったく変わらないよ。俺らは何も犠牲にする必要がなかったし、それを理解してる。チームを機能させるために、俺ら全員がそれぞれの存在を発揮しないとね。試合の流れ次第では調整が必要になることもあるかもしれないけど、俺ら全員がそれぞれを引き上げないといけないんだ」

「周りの人間たちが俺らをどう見てるかは問題じゃない。俺らは俺らを理解してる。俺らは前に進み、チャンピオンシップを争うチームなのさ」

デュラントの加入により、カリーとクレイ・トンプソンのショットアテンプト数が減少するのは必至。

その中で結果を出していかなければならないが、デュラントがチームにうまく溶け込めば、リーグで最も脅威のチームになるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA