ルーク・ウォルトンHC「みんなが自分のポジションを自分で手にしなければならない」

【スポンサーリンク】

ルーク・ウォルトンが新ヘッドコーチに就任したロサンゼルス・レイカーズは、ディアンジェロ・ラッセルやジョーダン・クラークソン、ジュリアス・ランドル、そして今年のドラフトで獲得したブランドン・イングラムなど、若手有望株を豊富に揃えている。

とはいえ、すべてのプレイヤーにチャンスは用意されているようだ。

Basketball Insidersによると、就任1年目となる2015-16シーズン、ウォルトンHCはすべてのプレイヤーにチャンスを与え、プレイヤーは自分自身の力でポジションを手にしなければならないと話したという。

特にイングラムには大きな期待が寄せられているが、この夏にベテランフォワードのルオル・デンが加わったということも忘れてはならない。

デンの経験とリーダーシップは、若手選手の成長をサポートするだろう。

デンとイングラムはスモールフォワードのポジション争いを繰り広げると予想されるが、現時点ではデンが先発出場する可能性が高いと見られている。

イングラムにとって我慢のシーズンとなる可能性があるものの、プロ生活に慣れ、フィジカルとメンタルを構築する重要な一年となるのは間違いない。

そして、デンの存在がイングラムの成長を促進することだろう。

ここ数年はドアマットに沈んでいるだけに、着実に古豪復活への道を進んでもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA