ジミー・バトラー「どんな役割でもOK」

【PR】

プレイオフ進出を逃したシカゴ・ブルズは、このオフにデリック・ローズ、ジョアキム・ノア、パウ・ガソルという主力プレイヤーを放出した。

その代わりにドウェイン・ウェイドとラジョン・ロンドというスタープレイヤー獲得に成功。

スコアラーのウェイドが加わったことにより、クラッチタイムでジミー・バトラーとウェイドのどちらにボールを託すのか注目されるが、ウェイドは先日、ブルズを「ジミーのチーム」とし、サポート役に回ることを明言した。

一方のバトラーは、これまでとは異なる役割でも受け入れる用意があるようだ。バトラーのコメントをCSNが伝えている。

「どんな役割でもOKさ。自分の役割については気にしてないからね。誰がチームに来ようと、俺らはゲームに勝つ」

「俺らは“スリーアルファ”。NBAタイトル獲得の経験があるから、彼(ウェイド)にはここに来てもらいたかった。ロンドにはここに来てもらいたかった。彼らはタイトル獲得を知ってるからね。それを俺に示してほしい。もし俺が聞かないようなら、聞くように仕向けてほしい」

バトラーの言う“スリーアルファ”はいずれも3Pショットを得意としておらず、アウトサイドの不安は残る。

だが、バトラーは「勝利のためなら何でもする」とし、3Pショットの改善に取り組むという。

バトラーの3Pが改善されたらロンドとウェイドのドライブがさらに活き、より効率的なオフェンスが可能になるだろう。

新生ブルズにおけるバトラーのパフォーマンスに注目したい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読