ステフィン・カリー「膝の状態は100%じゃなかった」

【スポンサーリンク】

2年連続でレギュラーシーズンMVPに輝いたゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは、昨季のプレイオフ中に膝を捻挫し、4試合の欠場を余儀なくされた。

連覇を狙ったファイナルでは3勝1敗とクリーヴランド・キャバリアーズを追い詰めながらも、まさかの逆転負け。

歴史的なファイナルとなったわけだが、カリーは膝に痛みを感じながらプレイしていたようだ。

カリーは昨季のファイナルを振り返り、次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「(膝の状態は)100%じゃなかった。でも、誰が気にするっていうんだい?俺はプレイした。コートでチームの勝利に貢献しようとした。それが本当に重要なことだったんだ」

「この夏は膝の状態を正すために時間を使ってる。トレーニングキャンプへ向け、まだ少しやらないといけないことがある。100%じゃない状態でコートに出てプレイしたとしても、誰も耳を貸さないだろうね」

ケビン・デュラントが新たに加わったことにより、カリーの負担は軽減されるだろう。

長いシーズンは10月末にスタートする。

今月下旬からスタートするトレーニングキャンプで調整し、健康状態を万全に整えたうえで開幕に臨みたいところだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 通りすがり

    言い訳カッコ悪い

*

CAPTCHA