アイザイア・トーマス「ファンにたくさんの愛をもらった」

【スポンサーリンク】

身長175cmながらオールスターに選出され、ボストン・セルティックスを牽引しているアイザイア・トーマスは、自分自身を疑っていない。

巧みなテクニックでディフェンスを切り裂くトーマスは、今のポジションを手にするまで相当な努力を続けてきたことだろう。

それがトーマスの自信の裏付けとなっているのかもしれない。

ファンから愛され、セルティックスを代表するプレイヤーとなったトーマスは、自身について「誰も俺をディフェンスすることはできない」とコメント。

そしてセルティックスファンからのサポートについて次のように続けた。SI.comが伝えている。

「チームの状態の善し悪しにかかわらず、セルティックスファンは最後まで抗うんだ。そんな都市はそう多くないよね。ファンは俺にたくさんの愛を示してくれた。それが俺のここ1年半のキャリアを変えたのさ」

セルティックスはこの夏にジャレッド・サリンジャーとエバン・ターナーという主力2選手を放出するも、オールスターセンターのアル・ホーフォードとベンチからの起爆剤としての役割が期待されるジェラルド・グリーンを獲得。

新生セルティックスを牽引するのは、やはりトーマスだ。

昨季のオールスター選出が偶然の結果ではないところを示し、セルティックスを古豪復活に導いてもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA