ステフィン・カリー「74勝は真の目標じゃない」

【スポンサーリンク】

昨季のゴールデンステイト・ウォリアーズはレギュラーシーズン73勝という偉大な記録を樹立するも、プレイオフ・ファイナルでは歴史的な逆転負けを喫してしまった。

このオフにケビン・デュラントを加えたウォリアーズにはタイトル奪還が期待されているが、一方でレギュラーシーズン74勝という新記録樹立を期待する声も少なくない。

しかし、2年連続でMVPを受賞したステフィン・カリーが狙っているのはレギュラーシーズン74勝利ではなく、あくまで王座奪還だ。

カリーは来季について次のように言及。thescore.comが伝えている。

「74勝は真の目標じゃない。起こることは起こる。俺らの全エネルギーは、チャンピオンシップへの準備に費やされるんだ」

「もちろん素晴らしいレギュラシーズンを送りたい。どんな間違いも犯したくない。だけど、74勝を目標にしてシーズンに入ろうとは思ってない。真の目標はチャンピオンシップで勝利することなんだ」

来季のウォリアーズにおいて最も注目されるであろうことは、デュラントがウォリアーズにフィットするか否かという点だろう。

王座奪還にはケミストリーが構築されることが必須だ。

ポイントガードのカリーには、オフェンスで牽引するだけでなく、リーダーとしてチームをまとめる働きも求められる。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA