アーロン・ゴードン スラムダンクコンテスト出場について「100%じゃない」

【スポンサーリンク】

昨季のスラムダンクコンテストで豪快なダンクを披露し、会場を興奮で包んだアーロン・ゴードンだが、来季のスラムダンクコンテストには出場しないかもしれない。

ザック・ラビーンとの再戦が期待される中、ゴードンはスラムダンクコンテスト出場について次のようにコメント。Basketball Insidersが伝えている。

「(スラムダンクコンテスト出場は)100%じゃない。前回はたくさんの案を出したし、それ以上のもとを創り出すのは難しい。できるとは思うよ。でも出るかどうかは分からない」

「(スラムダンクコンテスト出場は)素晴らしいことだった。子供の頃、ダンクコンテストに加わりたいっていつも思ってたからね。もちろんNBAのダンクコンテストに出たいと思ってた。その機会を手にし、ベストを尽くしたんだ」

「目標を達成することができた。みんなからNBAベストダンカーのひとりと言われるようになった。俺にとってそれは素晴らしいことだし、俺が求めてたすべてでもある。俺が見てきたものをみんなに見てもらいたかった。みんなが想像力、革新を目の当たりにし、楽しんだんだ」

リーグ屈指の身体能力を誇るゴードンは、すでにオーランド・マジックの中心選手となりつつある。

ビンス・カーターのようなスターダムをゴードンは駆け上がれるだろうか。

キャリア3年目となる来季はさらなる期待がかかることだろう。

なお、昨季のゴードンはレギュラーシーズン78試合に出場し、平均23.9分のプレイで9.2得点、6.5リバウンド、1.6アシスト、FG成功率47.3%、3P成功率29.6%を記録。

キャリア2年では通算125試合に出場し、平均21.3分のプレイで7.7得点、5.4リバウンド、1.3アシスト、FG成功率46.6%、3P成功率28.9%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA