ディアンジェロ・ラッセル ブランドン・イングラムに「プレッシャーを受け入れろ」

【スポンサーリンク】

キャリア2年目を迎えるロサンゼルス・レイカーズの司令塔、ディアンジェロ・ラッセルは、早くもリーダーとしての自覚が芽生えつつあるのかもしれない。

昨季の経験を振り返ったラッセルは、今年のドラフト2位指名でレイカーズに入団したブランドン・イングラムに対し、次のようにアドバイスを送ったという。Slamが伝えている。

「彼(イングラム)にはプレッシャーを受け入れるよう伝えたんだ。彼が今経験してることは、2位で指名された俺の経験に近い。すべての注目が集まる。昨季の経験を今振り返ると『あれがプレッシャーだったのか?』という感じ。俺はそれを受け入れなかった。プレッシャーを受け入れろ。プレッシャーを受け入れて、立ち向かえ。それが俺が彼に伝えたことさ。俺より良いファーストシーズンを送るためにね」

フィジカルの懸念があるイングラムだが、この夏にウェイトアップに成功。

ルーキーシーズンへ向け、着々と準備を進めている。

多くのレイカーズファンは古豪復活を強く期待しているということもあり、ルーキーのイングラムにはより注目が集まることになるだろう。

そして、昨季は世間を賑わせてしまったラッセルには、チームリーダーとしてレイカーズを再建に導いてもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA