チャーリー・ビラヌエバ 来季は中国でプレイか?

【スポンサーリンク】

昨季までの2シーズンをダラス・マーベリックスでプレイしたベテランFAパワーフォワードのチャーリー・ビラヌエバは、まだどのチームとも契約できていない。

ほとんどのチームがロスターを固めつつある中、32歳のビラヌエバはアメリカ以外でのプレイも検討している模様。

thescore.comによると、ビラヌエバは中国リーグでのプレイもオプションのひとつとして検討しているという。

マブスでベンチプレイヤーとして起用されたビラヌエバは、昨季のオクラホマシティ・サンダーとのプレイオフ中にラッセル・ウェストブルック、ケビン・デュラントと舌戦を繰り広げた。

ビラヌエバは試合前のウェストブルックのダンスルーティンを故意に邪魔すると、ウェストブルックはこれに激怒。

「ビラヌエバはベンチプレイヤー」と批判すると、当時の相棒だったデュラントも「来季、ビラヌエバはリーグにいないかもしれない」と酷評していた。

残念ながら、現時点ではデュラントの予言通りになりそうな雰囲気だ。

なお、昨季のビラヌエバはマブスでレギュラーシーズン62試合に出場し、平均10.7分のプレイで5.1得点、2.5リバウンド、0.4アシスト、FG成功率38.2%、3P成功率27.3%を記録。

キャリア11年を通してトロント・ラプターズ、ミルウォーキー・バックス、デトロイト・ピストンズ、マブスで通算656試合に出場し、平均20.7分のプレイで10.4得点、4.6リバウンド、0.8アシスト、FG成功率43.5%、3P成功率34.1%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA