ランス・スティーブンソン ペリカンズと契約合意

【スポンサーリンク】

FAフォワードのランス・スティーブンソンが、来季はニューオーリンズ・ペリカンズでプレイすることになった模様。

The Verticalによると、スティーブンソンはニューオーリンズ・ペリカンズとの契約に合意したという。

契約の詳細は明かされていないが、ここ数年のスティーブンソンのパフォーマンスを見る限り、おそらく短期契約での合意と予想される。

昨季のペリカンズは負傷者が続出したことが響き、プレイオフ進出を逃した。

複数のポジションでプレイできるスティーブンソンの獲得は、リスク回避にもつながるだろう。

インディアナ・ペイサーズを離れて以来、スティーブンソンはジャーニーマンと化してしまった。

ペリカンズではクインシー・ポンデクスターやダンテ・カニンガムらとポジションを争うと観られるが、そろそろかつてのパフォーマンスを取り戻したいところだ。

なお、昨季のスティーブンソンはロサンゼルス・クリッパーズとメンフィス・グリズリーズで69試合に出場し、平均6.9分のプレイで8.3得点、3.2リバウンド、1.9アシスト、FG成功率48.1%、3P成功率38.5%を記録。

キャリア6年で通算340試合に出場し、平均25.1分のプレイで8.8得点、4.2リバウンド、3.0アシスト、FG成功率45.1%、3P成功率30.8%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA