アレン・クラブ「ブレイザーズが今の俺を作り上げてくれた」

【スポンサーリンク】

ラマーカス・オルドリッジやニコラス・バトゥームなど、ダミアン・リラード以外の主力選手が抜けたポートランド・トレイルブレイザーズは、再建期に突入すると見られていた。

だが、昨季のブレイザーズはレギュラーシーズン44勝38敗を記録し、ウェスタン・カンファレンス5位でプレイオフに進出。

プレイオフではゴールデンステイト・ウォリアーズに1勝4敗で敗れたものの、ブレイザーズをレギュラーシーズンとプレイオフで下したのはブレイザーズただ1チームのみだった。

若手中心のチームに生まれ変わったブレイザーズ。

先発プレイヤーもさることながら、昨季の飛躍にはベンチプレイヤーの貢献も大きかったと言えるだろう。

その中心となったのが、シューティングガードのアレン・クラブだ。

2013年のドラフト2巡目でクリーヴランド・キャバリアーズに指名されるも、ブレイザーズは将来の2巡目指名権2つと引き換えに、トレードでクラブを獲得。

このトレードがクラブのキャリアを大きく左右したとも言えるが、当時を振り返ったクラブは次のようにコメント。thescore.comが伝えている。

「ポートランドが俺をトレードで獲得してくれて、ただ感謝してる。この3年間、自分の長所を引き出すことができた。今の俺を形作るために、彼ら(ブレイザーズ)は素晴らしい仕事をしてくれたんだ」

一方、ベンチのリーディングスコアラーに成長したクラブを、ニール・オルシェイGMはこう評価している。

「彼はチームの土台となるプレイヤー。プレイする機会を与えられた昨季、彼は彼にできることを我々全員に見せてくれた。このような機会を与えることは、我々の前進につながるだろう。このリーグにおいて、彼は驚くべき若いプレイヤーなんだ」

ブルックリン・ネッツが制限付きFAのクラブに4年7500万ドルの契約をオファーするも、ブレイザーズはすぐさまマッチ。

ブレイザーズにとってクラブがどれほど重要なプレイヤーなのかを伺わせた。

来季もベンチ起用となる見込みだが、クラブの成長はブレイザーズのさらなる躍進につながるだろう。

なお、昨季のクラブはレギュラーシーズン81試合に出場し、平均26.0分のプレイで10.3得点、2.7リバウンド、1.2アシスト、0.8スティール、FG成功率45.9%、3P成功率39.3%を記録。

キャリア3年では通算147試合に出場し、平均19.6分のプレイで7.0得点、2.0リバウンド、1.0アシスト、0.6スティール、FG成功率44.7%、3P成功率38.5%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA