チャールズ・バークレー「練習中にマクドナルドを食べてた」

【PR】

近年のほとんどのプレイヤーは普段の食事を徹底管理し、ベストコンディションでゲームに臨めるよう努力している。

だが、強靱なフィジカルを持ち、“空飛ぶ冷蔵庫”の異名で親しまれたチャールズ・バークレーは、キャリアの初期は食事管理を徹底していなかったようだ。

バークレーはフィラデルフィア・セブンティシクサーズ所属当時を振り返り、次のようにコメント。Sportscenterが伝えている。

「フィラデルフィアに入団した時、ドクターJ(ジュリアス・アービング)、モーゼス・マローン、モーリス・チークスは全然練習してなかった。彼らはサイドに座ったり、ステーショナリーバイクに乗って、マクドナルドを食べながらね」

「俺はリーグに長年いたけど、その哲学を取り入れてたんだ。48分プレイした翌朝は起きなかったし、練習にもいかなかったものさ」

「俺はいつもエッグマフィンとホットケーキ、ソーセージを食べてる。それが準備できる最高の朝食なんだ」

挙句の果てにはすべての食品をラップで包み、まとめて食べるようになったという。

現在は毒舌解説者として活躍しているバークレーだが、健康に気をかけてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読