ドウェイン・ウェイド「レブロン・ジェイムスは俺が何を注文するのか知ってる」

【スポンサーリンク】

かつてマイアミ・ヒートを2度のタイトル獲得に導いたレブロン・ジェイムスとドウェイン・ウェイドは、プライベートでも親交がある親友同士だ。

昨季はシーズン中にも関わらずトレーニングで共に汗を流し、先日も共にトレーニングに励んだ両者。

シカゴ・ブルズ移籍を決断したウェイドにとって、ジェイムスは妻以上の理解者なのかもしれない。

ウェイドはジェイムスと外食した際のあるエピソードを披露。Food and Wineが伝えている。

「レブロンは俺の親友のひとり。一緒に外食に出かけた時、彼は『君はこれ(料理のメニュー)をトライすべきだ』と言う。彼は俺が注文するものを正確に分かってる。それは俺を困らせるかもしれないね。妻より先にレブロンが注文するから。彼女は俺が食べたいメニューを確認するためにいくつかメニューを挙げるけど、レブロンは知ってるんだ」

「シーズン中はシェイプをキープし、正しいものを食べるため、妻と俺はシェフを雇う。だけど、俺らも少しは料理するよ。俺がキッチンに立つなら、朝食を作る。卵、ベーコン、ソーセージ、パンケーキ、フレンチトースト。得意だよ。俺は昼でも夜でも朝食が好きなんだ」

ジェイムスはクリーヴランド・キャバリアーズに、ウェイドはブルズに移籍し、ヒートを離れることとなった。

ジェイムスとウェイドが現役中に同じチームで再びプレイする可能性は限りなく低いものの、これからも切磋琢磨していくことだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA