ジョーダン・ファーマー キングスとの契約に合意

【スポンサーリンク】

FAポイントガードのジョーダン・ファーマーが、サクラメント・キングスと契約合意に至った模様。

2014-15シーズン中にロサンゼルス・クリッパーズから解雇されたファーマーは、昨季の大半をイスラエルのマッカビ・テルアビブでプレイ。

その後3月にメンフィス・グリズリーズでリーグに復帰していた。

キングスはこのオフに先発ポイントガードのラジョン・ロンドを失い、さらに先発起用が予想されていたダレン・コリソンがDV容疑で出場停止処分となる可能性があるため、ポイントガードのポジションの補強を急務としていた。

キングスはタイ・ローソンとも契約しており、ファーマーはローソンのバックアップとして起用される見込みだ。

なお、昨季のファーマーはグリズリーズでレギュラーシーズン12試合に出場し、平均24.3分のプレイで9.2得点、2.1リバウンド、3.1アシスト、1.3スティール、FG成功率42.0%、3P成功率35.6%を記録。

NBAキャリア9年を通してロサンゼルス・レイカーズ、ニュージャージー・ネッツ(現ブルックリン・ネッツ)、クリッパーズ、グリズリーズで通算502試合に出場し、平均19.5分のプレイで7.7得点、1.9リバウンド、2.9アシスト、0.8スティール、FG成功率42.3%、3P成功率37.4%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA