カール・アンソニー・タウンズ 自身について「良いリーダーになるだろう」

【スポンサーリンク】

ルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞し、ミネソタ・ティンバーウルブズの将来を担うであろうカール・アンソニー・タウンズは、早くもリーダーとしての自覚を持ち始めているようだ。

その影響となったのは、やはりケビン・ガーネットだろう。

タウンズはルーキーシーズンを通してガーネットから多くのことを学び、プレイヤーとしての自身を深めているという。タウンズのコメントをNBPA.comが伝えている。

「俺のゲームはどんどん、どんどん良くなっていくと思う。シーズンを通して(ケビン・ガーネットから)学んだからね。もっと良いプレイヤーになれるって感じてるんだ」

「シーズンを通して学んだこと。プレイヤーの見地から、俺はもっと良いリーダーになるだろう。俺はそう感じてる。1シーズンごとに学んで、積み重ねていく。すごいことになるだろうね」

現役引退か続行かまだ決断していないガーネットは、間もなくチームに進退を伝えると見られている。

いずれにせよ、ガーネットはタウンズの成長をこれからもサポートしていくことだろう。

なお、タウンズはウルブズの再建について、次のように言及した。

「俺らはプレイオフに進出しなきゃいけない。何か特別なことをやらなきゃいけない。それは俺たち次第さ」

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA