スコット・ブルックスHC 両膝手術のジョン・ウォールについて「復帰は急がせない」

【スポンサーリンク】

ワシントン・ウィザーズの絶対的先発ポイントガードであるジョン・ウォールは、この夏に両膝を手術した。

手術を受けた時点では来季開幕には十分間に合う見込みとされていたが、現時点でウォールの復帰時期は明らかになっておらず、トレーニングキャンプに参加できない可能性も出てきたようだ。

ウォールの復帰について、新たにヘッドコーチに就任したスコット・ブルックスは次のようにコメント。CSN Mid-Atlanticが伝えている。

「我々は急いでない。彼が準備できていることを確認したい。それがプロセス。まだトレーニングキャンプがある。見てみることにするよ。我々は彼をサポートし続ける。それがジョンについて言えるただひとつのことさ」

復帰が待たれるウォールだが、ブルックスHCによると毎日体育館でリハビリに取り組んでいるという。

昨季は2年ぶりにプレイオフ進出を逃したウィザーズ。

プレイオフチームに復活するにはウォールの奮起が不可欠だ。

なお、昨季のウォールはレギュラーシーズン77試合に出場し、平均36.2分のプレイで19.9得点(キャリアハイ)、4.9リバウンド(キャリアハイ)、10.2アシスト(キャリアハイ)、1.9スティール(キャリアハイ)、FG成功率42.4%、3P成功率35.1%(キャリアハイタイ)を記録。

キャリア6年では通算422試合に出場し、平均36.0分のプレイで18.0得点、4.5リバウンド、9.0アシスト、1.7スティール、FG成功率42.9%、3P成功率31.9%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA