ダーク・ノビツキー 自身の現役引退について「コービー・ブライアントよりティム・ダンカン」

【スポンサーリンク】

ベテランパワーフォワードのダーク・ノビツキーはこの夏、所属するダラス・マーベリックスと2年契約を結んだ。

2年目はプレイヤーオプションとなっているため、今後1~2年以内に現役を引退する可能性があるノビツキー。

同じ時代を過ごしてきたコービー・ブライアントとティム・ダンカンは昨季で現役を退いたが、両者の引退シーズンは対照的なものだった。

ブライアントはシーズンを通して“お別れツアー”でファンに称えられ、また現役最終戦では60得点をあげる驚異的なパフォーマンスを披露。

一方のダンカンはシーズン終了後に現役引退を発表したということもあり、お別れツアーが実施されることはなく、静かに現役生活を終えた。

では、ノビツキーはどのような引退の道をたどるのだろうか。

今年で38歳になったノビツキーは、自身の引退について次のように言及。Sports Illustratedが伝えている。

「コービーの引退への道は大好き。60点ゲームだよ?コービーらしいよね。全アリーナのファンは第4Qで立ち上がって声援を送ってた。観てて楽しかったよ。だけど、俺はダンカンのほうかな。俺はスポットライトをそんなに必要としてないんだ」

「ちょっとした記者会見か何かは開くかもね。分からないけど。まだ引退については考えたくない。最後の2年間を楽しむつもりさ」

ブライアント、ダンカンと同じく、ひとつのチームでキャリアを終えるであろうノビツキー。

来季が現役最終年となる可能性もあるため、ノビツキーのパフォーマンスには注目が集まることだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA