バックス オフシーズン中にグレッグ・モンローをトレードか?

【PR】

ミルウォーキー・バックスのグレッグ・モンローには、トレードの噂が絶えない。

The Journal Timesによると、バックスがドラフト前から各チームにモンローのトレードを打診しており、現在もトレードで放出する方向で考えているという。

だが、現時点でトレードが成立していないということは、バックス側が納得できるだけの見返りを得られていないためだろう。

また、間もなくスタートするトレーニングキャンプにモンローは参加しないとも噂されており、その動向に注目が集まっている。

一方、モンローのエージェントはトレーニングキャンプ不参加の噂を否定し、次のようにコメントした。

「グレッグはバックスのトレーニングキャンプに参加するだろう。彼はバックスでの素晴らしいシーズンを楽しみにしてる。もし何かが分かるようなことがあれば、我々はその時に対応する」

約1週間後に迫ったトレーニングキャンプだが、モンローはバックスのメンバーとして参加するのだろうか。

なお、昨季のモンローはレギュラーシーズン79試合に出場し、平均29.3分のプレイで15.3得点、8.8リバウンド、2.3アシスト、0.9スティール、FG成功率52.2%、フリースロー成功率74.0%を記録。

キャリア6年では通算457試合に出場し、平均30.9分のプレイで14.5得点、9.1リバウンド、2.3アシスト、1.1スティール、FG成功率50.8%、フリースロー成功率70.1%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読