タイロン・ルーHC「JR・スミスはチームのハートと魂」

【スポンサーリンク】

クリーヴランド・キャバリアーズとJR・スミスの契約交渉は難航を極めている。

スミス側が求める金額にキャブス側が難色を示していると噂されるが、交渉がこのまま平行線をたどった場合、間もなく始まるトレーニングキャンプにスミスが参加しない可能性も否定できない。

だが、キャブスを率いるタイロン・ルーHCはスミスに絶大な信頼を寄せており、チームに欠かせないメンバーのひとりとして見ているようだ。

ルーHCはスミスを次のように評価。Cleveland.comが伝えている。

「最も大きなことは、我々がJRを失うということ。JRはチームのハートであり、魂なんだ。JRはいつだってチームに関わってるからね」

「すぐにでも成されることを望んでる。彼は我々のスターティングガードのひとりであり、彼が過去2年でチームにもたらしたものを考えると、それは多くの意味があること。彼はアウトサイドシューターであり、ガードポジションにおいては我々の中でベストディフェンダーだと私は信じてる」

「JRと契約してないことを除けば、我々は良い状況だよ。ワールドチャンピオンの座を守ろう。我々はもっと良くならないと。もっとうまくプレイしないと」

スミスの現在の状況は、昨季FAとなったトリスタン・トンプソンの状況と酷似している。

トンプソンはトレーニングキャンプ後にキャブスと再契約を交わすことに成功したが、スミスもトンプソンに続けるだろうか?

なお、昨季のスミスはレギュラーシーズン77試合に出場し、平均30.7分のプレイで12.4得点、2.8リバウンド、1.7アシスト、1.1スティール、FG成功率41.5%、3P成功率40.0%を記録。

プレイオフでは21試合に出場し、平均34.8分のプレイで11.5得点、3.2リバウンド、1.4アシスト、1.2スティール、FG成功率43.6%、3P成功率43.0%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA