スティーブン・アダムス ケビン・ガーネットのトラッシュトークについて「言葉が分からないように振舞った」

【PR】

ケビン・ガーネットの現役引退は、リーグが偉大なトラッシュトーカーを失ったということも意味する。

これまで数々のプレイヤーたちとトラッシュトークを繰り広げてきたガーネットだが、多くのプレイヤーはガーネットのトラッシュトークを嫌がったことだろう。

トラッシュトーカーのひとりであるオクラホマシティ・サンダーのスティーブン・アダムスでさえ、ガーネットだけは避けたかったようだ。

thescore.comによると、ガーネットからトラッシュトークを仕掛けられた際、アダムスはこう応じたという。

「ノー・イングリッシュ」

アダムスはニュージーランド出身であり、ニュージーランドは英語を公用語のひとつとしている。

もちろんアダムスも英語堪能だが、よほどガーネットのトラッシュトークを避けたかったのだろう。

とはいえ、トラッシュトーカーが少なくなった現代のリーグにおいて、アダムスにはトラッシュトーカーとしても活躍してもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読