モー・ウィリアムス 現役引退を再び決断

【スポンサーリンク】

昨季終了後に一度は現役引退を決断し、その後もう1シーズン現役を続けることを決めたモー・ウィリアムス。

だが、Cleveland Plain Dealerによると、ウィリアムスはクリーヴランド・キャバリアーズに現役引退の意思を正式に伝えたという。

キャブスはこのオフにバックアップポイントガードのマシュー・デラベドバを放出。

ベテランポイントガードであるウィリアムスの現役引退により、キャブスのポイントガードはカイリー・アービングとケイ・フェルダーのみとなり、層の薄さに問題を抱えることとなった。

なお、1年220万ドルの契約を残していたウィリアムスには解雇、もしくはトレードの噂が浮上しており、これが現役引退の要因のひとつになった可能性も否定できない。

なお、昨季のウィリアムスはキャブスでレギュラーシーズン41試合に出場し、平均18.2分のプレイで8.2得点、1.8リバウンド、2.4アシスト、FG成功率43.7%、3P成功率35.3%を記録。

キャリア13年を通してユタ・ジャズ、ミルウォーキー・バックス、キャブス、ロサンゼルス・クリッパーズ、ポートランド・トレイルブレイザーズ、ミネソタ・ティンバーウルブズ、シャーロット・ホーネッツで通算818試合に出場し、平均29.2分のプレイで13.2得点、2.8リバウンド、4.9アシスト、FG成功率43.4%、3P成功率37.8%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA