サージ・イバカ「できるだけ長くオーランドにいたい」

【スポンサーリンク】

この夏のトレードでオクラホマシティ・サンダーからオーランド・マジックに移籍したサージ・イバカは、来年夏にFAになる。

まだ27歳と若く、ディフェンスに定評のあるイバカには多くのチームが興味を示すことだろう。

だが、イバカはマジックで長くプレイしたいと考えている模様。イバカのコメントをThe Orlando Sentinelが伝えている。

「永遠に、できるだけ長くここにいたいと思ってる。契約の年数については気にしてないんだ」

「良いチームでプレイして学んだことのひとつは、チームが勝ってる時、プレイオフに進出した時は、みんな良く見えるということ。だから、それが今の俺が集中してること。もし俺たちが勝ってプレイオフに進出すれば、すべては放っておいても解決するからね」

サンダーでキャリア7年を過ごし、幾度となくプレイオフを戦ってきたイバカの経験は、若手が多いマジックにとって大きな後押しとなるだろう。

また、経験だけでなく、コートでも得意のディフェンスを発揮し、チームを再建に導いてもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA