サンダーのキャメロン・ペイン 中足骨骨折で離脱

【スポンサーリンク】

オクラホマシティ・サンダーのポイントガード、キャメロン・ペインが右足の第5中足骨を骨折し、離脱した模様。

サンダーによると、ペインは紅白戦でドライブを仕掛けた際にディフェンダーと接触し、骨折したという。

復帰時期については明らかになっていないが、これまでにも足を骨折した経緯があることから、回復に時間をかけたいところ。

ラッセル・ウェストブルックのバックアップとして期待されるものの、ロスターにはベテランポイントガードのロニー・プライスがいる。

また、トレードで獲得したビクター・オラディポもポイントガードのポジションで起用される可能性があるため、ペインの離脱が戦力の大幅ダウンにつながることはないだろう。

とはいえ、キャリア2年目を迎え、ますますの成長が期待されるペインの離脱は残念でならない。

なお、昨季のペインはレギュラーシーズン57試合に出場し、平均12.2分のプレイで5.0得点、1.5リバウンド、1.9アシスト、FG成功率41.0%、3P成功率32.4%を記録。

プレイオフでは10試合に出場し、平均6.4分のプレイで1.8得点、0.4リバウンド、0.8アシスト、FG成功率26.9%、3P成功率20.0%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA