ドウェイン・ウェイド「ラジョン・ロンドは一緒にプレイしてきた中で最高のポイントガード」

【スポンサーリンク】

マリオ・チャルマーズやゴーラン・ドラギッチ、ゲイリー・ペイトンなど多くのポイントガードと共にプレイしてきたドウェイン・ウェイドは、2016-17シーズンからシカゴ・ブルズでラジョン・ロンドとタッグを組む。

サクラメント・キングスで復活の兆候を見せ、完全復活が期待されているロンドだが、ウェイドはロンドを高く評価しているようだ。ウェイドのコメントをthescore.comが伝えている。

「俺がこれまで一緒にプレイしてきた中で、彼(ロンド)は最高のポイントガードさ」

ジミー・バトラー、ウェイドと共にブルズを牽引する活躍が期待されており、ロンドの完全復活がブルズの再興に繋がると言っても過言ではない。

過去に3度アシストキングに輝き、昨季はリーグ最高となる1試合あたりの平均パス本数を記録したロンド。

バトラーとウェイドのオフェンスを走らせるためにも、ロンドの完全復活は不可欠だ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA