ニック・ヤング ルーク・ウォルトン新HCのシステムについて「俺に合う」

【スポンサーリンク】

バイロン・スコット前HCの下、ニック・ヤングは自身のパフォーマンスを発揮することができずにいた。

イギー・アゼリアと婚約を解消するなど、公私ともに激動の1年を送ったヤングだが、ルーク・ウォルトンのヘッドコーチ就任はヤングのキャリアを好転させるだろうか?

ヤングはスコットのシステムによりウォルトンHCのシステムのほうが自身のプレイスタイルに合うと感じている模様。ヤングのコメントをinsidesocal.comが伝えている。

「彼(ウォルトンHC)のスタイルは俺のスタイルに合う。まだ少しだけ自分自身でいることができる。俺の性格のことをくどくどと言うヤツはもう誰もいないからね」

底抜けに明るい性格が魅力のひとつでもあるヤング。

スコット前HCはそのスタイルが気に入らなかったのだろう。

チームの低迷もスコットHCがフラストレーションを溜め込んだ大きな要因と考えられるものの、ヤングにはウォルトンHC体制の下、かつてのパフォーマンスを取り戻してもらいたいところだ。

なお、昨季のヤングはレギュラーシーズン54試合に出場し、平均19.9分のプレイで7.3得点(キャリアワースト)、1.8リバウンド、0.6アシスト(キャリアワーストタイ)、FG成功率33.9%(キャリアワースト)、3P成功率32.5%(キャリアワースト)を記録。

キャリア9年を通してワシントン・ウィザーズ、ロサンゼルス・クリッパーズ、フィラデルフィア・セブンティシクサーズ、レイカーズで通算576試合に出場し、平均23.3分のプレイで11.8得点、2.0リバウンド、1.0アシスト、FG成功率41.8%、3P成功率37.0%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA