レジー・ミラー「ラリー・バードは信じられないようなショットを決めた」

【スポンサーリンク】

偉大な3Pシューター、クラッチシューターとして歴史に名を残したレジー・ミラーは、あるレジェンドの多大な影響を受けた。

そのレジェンドとは、現在インディアナ・ペイサーズの球団社長を務めているラリー・バードだ。

1991年のプレイオフでは現役プレイヤーとして対戦し、後にインディアナ・ペイサーズで師弟としての関係を築いたバードとミラー。

とある番組で「27歳時点で誰が3Pコンテストでチャピオンになる?」という質問をぶつけられたミラーは、次のように返答した。The Indianapolis Starが伝えている。

「彼(バード)は俺たちと対戦した時に信じられないようなショットや3Pを何本か決めたよね。1991年のプレイオフで5戦の末に彼らに敗れた時、俺たちは明らかに若かった。だけど、彼が信じられないようなショットを決める姿を俺は見たんだ」

一方のバードは、こう答えた。

「プロの世界で彼が私とチームメイトだったら、(3Pコンテストは)わけなく私が勝っただろう。もし私に彼をコーチする機会があれば、彼が勝利すると私は言うだろうね」

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA