アンドレ・イグダーラ「ウォリアーズのセカンドユニットは良くなった」

【PR】

ケビン・デュラントを獲得するため、ゴールデンステイト・ウォリアーズはハリソン・バーンズとアンドリュー・ボガットという先発メンバーの他、フェスタス・エジリ、マリース・スペイツ、レアンドロ・バルボサ、ブランドン・ラッシュというベンチメンバーを失った。

代わりにデュラント、ザザ、パチュリア、エリオット・ウィリアムス、デイビッド・ウェストらを獲得したが、昨季と比べるとベンチの弱体化が指摘されている。

しかし、シックスマンのアンドレ・イグダーラはウォリアーズのベンチに自信を感じているようだ。イグダーラのコメントをcsnbayarea.comが伝えている。

「実際のところ、俺たちのセカンドユニットは良くなってると思う」

「今のイアン・クラークはすごく自信を持ってプレイしてる。最初の2日間で彼がミスしたショットは1本だったと思うけど、彼には素晴らしいスポットシューターになることを期待してるんだ」

「デイビッド・ウェストは本当に賢い。ショーン・リビングストンと俺のディフェンスを楽にしてくれるだろうね」

そう話すイグダーラだが、やはりインサイドのディフェンスには不安が残るところ。

ジャベール・マクギーの復活に期待がかかるものの、怪我のリスクが高いマクギーに頼るのは、ある意味ギャンブルのようなものだろう。

ボブ・マイヤーズGMは主力選手に休養を与えながらシーズンを戦う方針を明かしているため、ベンチメンバーにかかる期待は高い。

イグダーラを中心としたベンチメンバーは昨季以上の働きを見せることができるだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読