スティーブ・カーHC「74勝は考えもしない」

【スポンサーリンク】

昨季のゴールデンステイト・ウォリアーズはレギュラーシーズン73勝という偉業を達成するも、クリーヴランド・キャバリアーズとのファイナルで1勝3敗から逆転負けを喫し、連覇はならなかった。

良くも悪くも歴史的なシーズンを送ったウォリアーズは、王座奪還のため、リーグ屈指のスコアラーであるケビン・デュラントを獲得。

ベンチ層とインサイドの厚みは失われたものの、デュラントを加えたことにより、レギュラーシーズン74勝というさらなる偉業を期待する声も多い。

だが、スティーブ・カーHCはいつもと同じようにレギュラーシーズン74勝に目を向けることはなく、あくまで王座奪還に集中しているようだ。カーHCのコメントをthescore.comが伝えている。

「(レギュラーシーズン74勝は)考えもしないね。我々はKDを加えようと、ウィルト・チェンバレンを加えようと、私は気にしない」

昨季のプレイオフではエースのステフィン・カリーが一時負傷離脱するというアクシデントに見舞われたウォリアーズだが、来季は完全な状態でプレイオフを戦うため、主力選手に休養を与えながらレギュラーシーズンを戦うとしている。

まずはプレシーズンでウォリアーズのケミストリーを確認したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA