DVのダレン・コリソンにレギュラーシーズン8試合の出場停止処分

【スポンサーリンク】

サクラメント・キングスのポイントガード、ダレン・コリソンに、8試合の出場停止処分が下った模様。

コリソンは今年5月、DV容疑で逮捕され、9月に容疑を認めていた。

ESPNによると、コリソンはプレシーズンゲームには出場できるものの、レギュラーシーズン最初の8試合に出場できないという。

ラジョン・ロンドのシカゴ・ブルズ移籍により、コリソンには先発ポイントガードとしての活躍が期待されていたが、復帰までの間はこのオフに契約したタイ・ローソン、もしくはジョーダン・ファーマーが先発ポイントガードのポジションで起用されることになりそうだ。

なお、昨季のコリソンはレギュラーシーズン74試合に出場し、平均30.0分のプレイで14.0得点、2.3リバウンド、4.3アシスト、1.0スティール、FG成功率48.6%(キャリアハイ)、3P成功率40.1%(キャリアハイ)を記録。

キャリア7年を通してニューオーリンズ・ホーネッツ(現ペリカンズ)、インディアナ・ペイサーズ、ダラス・マーベリックス、ロサンゼルス・クリッパーズ、キングスで通算495試合に出場し、平均29.4分のプレイで12.6得点、2.7リバウンド、4.9アシスト、1.1スティール、FG成功率46.8%、3P成功率37.4%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA