バックス グレッグ・モンローをホーネッツへトレードか?

【スポンサーリンク】

ミルウォーキー・バックスのグレッグ・モンローに再びトレードの噂が浮上した。

Racine Journal Timesによると、バックスはモンローのトレード放出を求め、シャーロット・ホーネッツと協議しているという。

バックスはこのトレードでジェレミー・ラムとスペンサー・ホーズの獲得を求めているとされている。

ピストンズでの晩年から役割を失いつつあるモンロー。

アウトサイドショットはないものの、ホーネッツにトレード移籍された場合、ホーズの代わり、もしくはロイ・ヒバートのバックアップとして起用されることになるだろう。

一方のバックスは、シューティングガードのクリス・ミドルトンがハムストリングの負傷で6カ月程度離脱するため、ラムの獲得でシューティングガードのポジションを厚くしたいところだ。

なお、昨季のモンローはレギュラーシーズン79試合に出場し、平均29.3分のプレイで15.3得点、8.8リバウンド、2.3アシスト、0.9スティール、FG成功率52.2%、フリースロー成功率74.0%を記録。

キャリア6年では通算457試合に出場し、平均30.9分のプレイで14.5得点、9.1リバウンド、2.3アシスト、1.1スティール、FG成功率50.8%、フリースロー成功率70.1%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA