ステフィン・カリー ケビン・デュラントへのブーイングについて「意味がない」

【スポンサーリンク】

カナダで開催されたトロント・ラプターズとのプレシーズンゲームで、ゴールデンステイト・ウォリアーズのケビン・デュラントにはブーイングが浴びせられた。

オクラホマシティ・サンダーを捨て、ウォリアーズに移籍したデュラントには今でも批判が集まっているが、2年連続でMVPに選出されたステフィン・カリーは、新たなチームメイトへのブーイングに我慢ならなかったようだ。

ラプターズとのプレシーズン後、カリーはデュラントへのブーイングについて次のように言及。thescore.comが伝えている。

「おもしろいよ。意味がない物語を受け入れることはね」

一方のデュラントは移籍当時からブーイングを覚悟していたため、ファンの反応は特に気にしていないようだ。

「彼ら(ファン)は応援もするし、ブーイングもする。すべて良いことさ」

ウォリアーズの初プレシーズンゲームで、デュラントは9得点を記録。

チームはホームのラプターズに敗れてしまったものの、初戦を終えたことはデュラントに安心感をもたらすだろう。

次戦以降の活躍に期待したい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA