ドレイモンド・グリーン ウォリアーズへのブーイングについて「黙らせる」

【スポンサーリンク】

オクラホマシティ・サンダーからゴールデンステイト・ウォリアーズに移籍したケビン・デュラントには、批判が集まっている。

プレシーズンではブーイングも浴びせられたデュラントだが、ドレイモンド・グリーンはブーイングさえも打ちのめす構えのようだ。グリーンのコメントをthescore.comが伝えている。

「俺たちはバスケットボールのゲームに勝とうとしてる。もしみんなが俺たちを悪者に仕立てあげたいなら、全然OKさ。彼らは俺たちが行くどこでもブーイングを浴びせてくるだろう。全然OKさ。このゲームにおいて俺が最も楽しいと思ってるのは、他のチームのコートに行って、そこのファンを黙らせること。ブーイングしてくれ。最終的に君たちは黙ることになるから。俺は笑ってやるよ。俺たちは笑う。それが俺らを前に進めてくれるだろうね」

最大の目標を「チャンピオンシップでの勝利」としたグリーン。

ウォリアーズのホームゲーム以外ではブーイング必死だろうが、それがグリーンに火をつけるのだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA