JR・スミス トニー・ダグラスのキャブスとの契約に無言

【スポンサーリンク】

クリーヴランド・キャバリアーズは日本時間4日、ポイントガードのトニー・ダグラスと契約した。

マシュー・デラベドバがミルウォーキー・バックスへ移籍し、モー・ウィリアムスが現役引退を発表したことにより、カイリー・アービングのバックアップポイントガードがルーキーのケイ・フェルダーのみ。

そのため、キャブスはバックアップポイントガードの層に厚みをもたらすため、ダグラスとの契約に踏み切ったのだろう。

一方で、キャブスとの契約交渉がいまだ難航しているJR・スミスは、ダグラスとの契約をどう受け止めたのだろうか?

キャブスがダグラスとの契約を発表した直後、スミスは意味深なツイートをアップした。

スミスは1年あたり1500万ドルの契約を求めていると噂されるが、ラグジュアリータックスの関係上、キャブスにそれだけの金額を提示する考えはないとされている。

一方で、昨季のトリスタン・トンプソンとの契約交渉の事例もあるため、開幕直前まで難しい交渉が続くことになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA