キャブス ポイントガードのトニー・ダグラスと契約

【スポンサーリンク】

キャリア7年のベテランポイントガード、トニー・ダグラスが、クリーヴランド・キャバリアーズと契約した模様。キャブスが公式ホームページで発表している。

昨季のキャブスにはカイリー・アービングのバックアップとしてマシュー・デラベドバとモー・ウィリアムスが在籍していたが、このオフにデラベドバはミルウォーキー・バックスへ移籍し、ウィリアムスは現役を引退。

これにより、アービングのバックアップポイントガードはルーキーのケイ・フェルダーのみと、心もとない状況となっていた。

ダグラスとの契約に伴い、センターのエリック・モアランドが解雇されている。

ダグラスとの契約により、気になるのがJR・スミスの去就だ。

キャブスのデイビッド・グリフィンは先日、スミスに「大きなオファーを出した」と明かしていたものの、契約はいまだ合意に至っていない。

すでにプレシーズンがスタートしている中、スミスの去就にはますます注目が集まる。

なお、昨季のダグラスはニューオーリンズ・ペリカンズで61試合に出場し、平均20.7分のプレイで8.7得点、2.3リバウンド、2.6アシスト、1.1スティール、FG成功率41.1%、3P成功率39.9%(キャリアハイ)を記録。

キャリア7年を通してニューヨーク・ニックス、ヒューストン・ロケッツ、サクラメント・キングス、ゴールデンステイト・ウォリアーズ、マイアミ・ヒート、ペリカンズで通算370試合に出場し、平均19.2分のプレイで7.8得点、2.2リバウンド、2.3アシスト、0.9スティール、FG成功率40.6%、3P成功率36.0%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA