ドワイト・ハワード 3Pショットをオフェンスに取り入れる?

【スポンサーリンク】

オーランド・マジックを離脱して以降のドワイト・ハワードは、目立ったパフォーマンスを見せることができてない。

このオフにアトランタ・ホークスと契約し、新たな活躍の場を得たハワードだが、チームに安定した勝利をもたらすためにはフリースローの改善も求められるだろう。

しかし、より遠いレンジからのショットでホークスのスコアリングに貢献するかもしれない。

夏を通して3Pショットのトレーニングに励んだというハワードは、来季のパフォーマンスについて次のように言及。the Atlanta Journal Constitutionが伝えている。

「過去にシュートを打ち始めたと思う。それから止めたんだ」

「メンタルの問題さ。若い頃、俺は(アウトサイド)ショットを打つと笑ってジョークを飛ばしてた。それらのショットを成功させてたとしても、みんな真剣に捉えてなかったと思う。俺のゲームの一部としてみんなが真剣に捉えてくれてたら、普通のことになっただろうね。これまで見たことがない何かをみんな見ることになると思うよ」

「すべては成長し、自信を持つということ。コーチは俺のシューティングに全幅の信頼を寄せてくれてるんだ」

ハワードがキャリアを通して放った3P本数は54本。

成功本数はわずか5本にとどまっている。

キャリアを通して3P成功率9.3%にとどまっているハワードは、ホークスのアウトサイドショットをもたらせるだろうか?

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA